産後の体形はどうやって戻す?

女性にとって出産後にいかに上手に、体重を元に戻すかということは大きな問題になります。

 

そこでここでは妊娠や出産によって変わってしまった体形を、元に戻す方法などについて、お話していきたいと思います。

 

経験のある女性なら御存知だと思いますが、妊娠して出産するまでの10ヶ月間に体形は大きく変化し、特に妊娠後期はお腹が大きくなるにつれて体重も増えていき、骨盤が歪み、大きくなったお腹を支えるために体形は崩れてしまいます。

 

当然産後に元の体形に戻ることを期待しても、思ったほど痩せることが出来ず、体形が元に戻せないケースもあります。

 

産後に体形が元に戻せない原因は、3つ程考えられます。

 

運動不足

まず1つ目は運動不足によるものです。

 

産後でも、また自由に身体を動かせるようになるまでには時間がかかります。

 

妊娠中にあまり身体を動かさない生活に慣れて、身体を動かす習慣がなくなってしまいます。

 

産後も育児や家事で忙しく、運動や美容に気を使う時間をとることが難しくなることで、体形は元に戻りにくくなります。

 

栄養不足・偏り

妊娠初期にはつわりで食欲がなくなる人もいます。

 

お腹が大きくなってきても、あまり食べられなくなります。

 

その反動のために、出産後は解放感から食べ過ぎてしまったり、母乳の栄養のために沢山栄養を摂ろうとして、食べ過ぎてしまう人がいます。

 

身体をあまり動かさないでいるのに、沢山食べてしまえば当然太りやすくなり、体形を元に戻すことは難しくなります。

 

骨盤のゆがみ

出産のために歪んでしまった骨盤は、出産後は自然に元に戻ることになっていますが、歪みを直すためのケアが不足しますと、歪んだままで固まってしまい、元に戻らなくなる場合があるのです。

 

では次に、産後の体形を元に戻すための対策について、幾つかお話していきたいと思います。

 

勿論肥立つまでの約1ヶ月は、安静にしていなければなりませんから、その後は体形が元に戻りやすくなる時期だと言われていますので、赤ちゃんの1ヶ月健診が終わった頃を目安に、対策にとりかかるのが理想的です。

 

対策の1つ目は、まずエクササイズをすることです。

 

これは産後の身体にもキツくない静的なヨガや、インナーマッスルを鍛えるヨガや骨盤スクワット、軽めのストレッチ等がお勧めです。

 

慣れてきましたら、赤ちゃんをあやしながら、筋トレをするようにしてもいいと思います。

 

 

対策の2つ目は出来ればで構わないことですが、母乳育児です。

 

いい母乳を出すためにはしっかり栄養を摂る必要がありますが、必要以上に摂取しますと脂肪過多になってしまいますので、運動量が少ない間は、1日あたりの母乳で消費する約600kcalを目安にして、食事の摂取量を調整する必要があります。

 

また赤ちゃんに母乳を飲んでもらうことには、子宮収縮の効果がありますので、体形を元に戻す効果もきちんとあるのです。

 

3つ目は骨盤矯正です。

 

歪んだ骨盤を矯正するためには、産後間もなくから骨盤ベルトやガードルで補正をすると良いでしょう。

 

また道具の働きを補佐するために、産後2〜3ヶ月過ぎた頃から、骨盤を引き締める体操をすることをお勧めします。

 

早めに矯正をすれば、手遅れになることはありませんから、全て出来る限り早めに着手することが大切です。