産後抜け毛とホルモンバランスの関係

焦る妊婦さん

男性に男性特有の原因と特徴の抜け毛があるように、女性にも女性特有の原因と特徴のある抜け毛があり、その1つが産後抜け毛です。

 

出産後には多くの女性が抜け毛に悩まされ、殊に産後3ヶ月頃から悩むことが多いとされていますが、それにはホルモンバランスの乱れが関係していると言われています。

 

そこでここでは産後抜け毛とホルモンバランスの関係について、お話していきたいと思います。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、妊娠すると通常より多く分泌されることで、髪が生えやすく抜けにくくなり、毛の量が一気に増えて毛深くなったように思わされます。

 

ヘアサイクルの中の成長期が長くなり、退行期と休止期が短くなるという、変則的なサイクルになるのです。

 

しかし出産後はこれらの女性ホルモンは不要となり、妊娠前の普通の状態の戻ろうとする力によって、急激に減少してしまいます。

 

この滅多にない大きな変化によって様々な身体の不調が起きるのですが、その1つが産後抜け毛なのです。

 

エストロゲンには髪の成長を促す働きがあり、プロゲステロンには育毛を維持しようとする働きがあります。

 

しかし出産後に、この2つの女性ホルモンが一気に減少してしまうということは、ヘアサイクルが引き続き形を変えて乱れていることを意味しますので、その結果が大量の抜け毛となるのです。

 

忙しいママ

また産後の抜け毛には女性ホルモンのバランスの崩れに加えて、生活習慣の変化も影響をしてきます。

 

それは夜泣きや夜中の授乳のために起きなければならないことに起因する睡眠不足や、育児が初めて女性が感じるストレスも、女性ホルモンの分泌の不足を招き、産後抜け毛を長引かせてしまうこともあります。

 

とは言うものの、ホルモンの関係で起こる抜け毛は、あくまでも一時的な現象ですので、生活の変化に慣れてくる産後半年頃から、離乳食に切り替わる産後1年後位までには、ホルモンバランスは正常になると言われています。

 

それによって生活のリズムが安定し精神的の安定してきますので、ヘアサイクルの流れも通常に戻り、抜け毛も自然に段々に解消されていくはずです。

 

誰にも起こりうる当たり前の現象なのだと考え、必要以上に気にしないことが大切なのです。

 

妊娠中はいつもより成長期が長くなり、出産直後は逆に短くなるのは自然なことなのだと覚えて於いて、落ち着いた気持ちで出産や産後に備えることが肝心です。

 

お散歩する家族