女性育毛剤と男性育毛剤の違いって何?

そもそもなぜ、男性と女性用の育毛剤が存在しているのでしょうか?

 

その理由は、同じ薄毛や抜け毛といった現象でありながら、その原因は全く異なるという事が判明されているからです。

 

男性の場合、自分の身内に薄毛の男性がいる確率が高いという遺伝子が原因であったり、男性ホルモンの乱れが主な理由ですから、サイドと後ろはしっかりと髪は残っていて、生え際と頭部に集中しているのです。

 

それに対し、女性の原因は、もちろん、女性ホルモンの乱れ、そして、出産、産後、更年期障害、極端なダイエットによる栄養バランスの乱れ等で、全体に抜け毛が多くなるのです。

 

ベルタ育毛剤

そのために、男性用と女性用の原因の改善を図る含有成分にも違いがでてくるわけで、男性の方が数段、皮脂が多いので、プロペシアといった男性ホルモンに働きかけ、抜け毛をストップさせる品を。

 

それに対して、女性には、血管拡張剤の一つで、脱毛症を回復させる効果のあるものを含め、女性専用の育毛剤が必要なのです。

 

ここで、男女ともにいえる事は、髪にハリがなくなってきたとか、フケ、かゆみに悩む、また、シャンプー後の抜け毛に驚いたとかいう経験は髪に悩みのある人であれば、誰しもが実感している事だと思うのです。

 

そのためにも、毛根に皮脂汚れがあっていては、どのように優れている育毛剤でも効果が半減するので、頭皮の清潔と、毎日の食事、生活習慣病の改善と、ナノ化され続けている育毛剤の浸透力を信じて、男女それぞれに合った育毛剤の使用しましょう。

 

おすすめの女性用育毛剤はこちら

育毛剤って副作用あるの?

育毛剤を試してみたいと思っても、副作用があるのか心配という人も多いでしょう。

 

育毛剤に副作用はあるのでしょうか。

 

副作用が出るかは、その育毛剤の成分にもよりますし、使用者の体質などによる個人差も大きいです。

 

一般的に、医薬品として効果が認められている成分は、副作用も強い傾向にあります。

 

育毛効果のある医薬品として代表的なのはミノキシジルとフィナステリドの2種類です。

 

この2種類の代表的な副作用は、ミノキシジルは血圧の低下、フィナステリドは性欲減退や肝機能障害などです。

 

これらの成分は薄毛に効果的ではありますが、必ずしも使用者全員に効果が出るわけではありませんし、副作用の危険もあることに注意しなければなりません。

 

マイナチュレ

またその他の育毛剤でも、頭皮のかゆみや荒れなどの副作用はあり得ます。

 

どの製品でも体質に合わない可能性はありますが、少しでもリスクを減らすには、刺激となる成分が少ないものを選びましょう。

 

合成香料や着色料、石油系界面活性剤など、頭皮への刺激となる添加物が含まれていない育毛剤を使うと良いでしょう。

 

マイナチュレなど無添加をアピールしている育毛剤はおすすめです。

 

こうした育毛剤なら敏感肌の人でも使える可能性が高く、頭皮にも優しく安心です。

 

おすすめの女性用育毛剤はこちら